スペイン人は、日本でもシエスタします。

シエスタ=お昼寝 私の認識はこれです。

スペインにいたとき。14時頃昼食、15時過ぎには義母も部屋を暗くしてソファーでうとうと。Dichanもベッドでゴロゴロ。

街中のお店はレストラン以外は昼食の14時ー16時閉まっていたりします。
そして昼寝していたdichanは17時頃起き出しメリエンダ(夕食前のおやつ…)そして22時頃軽い夕食、24時過ぎ就寝。

Dichan日本へきて5年が経とうとしていますが、未だにシエスタしたがる。
スペインのスケジュールならシエスタするのも道理に適うと思うけど、日本の規則正しい生活で、シエスタ2、3時間もするってどうなんだろう。こどもかっ!って感じです。

なぜかというと前回の息子を昼寝させるために疲れさせる…という記事を書いていて、急にそんなことを思いました。

30過ぎのおっさんが、土日の午後に息子と一緒に長いこと昼寝してる。大人ってもっと起きてるもんじゃないっけ?ていうか夜早く寝なよ。と思うのです。

私は一緒に昼寝することはごくたまにだけ。起きていて自分の時間に使うことがほとんど。

そして夜は私は5分で眠れますが、dichanはよほど疲れていないとすぐには寝ないようです。
シエスタやめれば眠れるんじゃない?と何度思ったことか。

もうスペイン人がシエスタするのはDNAに組み込まれているのか?スペイン人の習慣は日本に住んでいても変わらないのか?と考えるわたし。

というのも、dichanもほっとけばいつまででも寝てるんだよ…息子と一緒だよ…起こすのめんどい。

スペイン人どうのではなく、ただ単にdichanが昼寝好きなだけか…?

スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です