2歳4ヶ月 おしゃぶり卒業作戦

本当は2歳半頃におしゃぶり卒業させようかと思っていたのですが。

GWにスペインで買ってきたおしゃぶり(2個入り)がいいいかげんにボロボロで。
日本で購入できるおしゃぶりは口に合わないらしく、しゃぶってるとすぐぽろっと落ちてしまうのです。

なので0歳から使ってたおしゃぶりはずーっとスペイン製のものでした。

思えば生後2週間くらいからおしゃぶり。その頃はどうしても寝なかった時のみ。生後3ヶ月くらいから昼寝と夜に使用。保育園入ってから、保育園ではおしゃぶりなし眠れているが、家にいるときは昼寝と夜に使用していました。

事前準備としては、おしゃぶりの吸い口をハサミで少し切って、息子に見せました。
「ぺぺ(おしゃぶり)、壊れちゃったよー」
息子は壊れたおしゃぶりを吸うと、ん?なんか違う。吸えないぞ。と変な顔。

「ぺぺ壊れちゃったから、これからぺぺ無しでねんねだねー」

息子は「うん」と言うけれどわかってない様子(笑)
案の定その日の夜歯磨きがおわるといつものように「ぺぺー」と言ってきます。

「さっき見たよね、ぺぺ壊れちゃったから使えないよ。ぺぺ無しでも眠れるかな?」

と聞くと、「うん」といって布団に戻る息子。ゴロゴロしていますが、口の動きがおしゃぶりしてる時のようなチューチューしてる感じ(笑)
口さみしいのか、時々「ぺぺー」と呼んでいました。その度に、「ぺぺ壊れちゃったんだよね、ぺぺないね」と言い聞かせて、その日の入眠は時間がかかりましたがぐずぐずもせず眠れたのです。

本日で4日目ですが、たまにぺぺというものの、おしゃぶりなしでも文句言わず眠るようになりました。あっけないおしゃぶり卒業です。

0歳からおしゃぶりを使ってきて。一番気をつけていたことは、

・起きているときは使わない(ただし月齢低いときはちょこちょこ寝るため、バスなど公共の乗り物に乗るときには使っていました…)

本当に寝るときのみの入眠アイテムでした。

バルセロナではかなり大きい子が4-5歳?でも歩いているときにおしゃぶりをしている子がいてすごい違和感を感じたのを覚えています。

起きているときに使うメリットがよくわからず(よだれもすごい垂れるし…)言葉を話したりする機会がなくなりそうとも思います。

歯並びは今の所問題ないと思います。これからかな?でもおしゃぶり卒業はもっとぐずぐずされると思っていたので拍子抜けでした。

image

こうやってどんどん成長していくのね…

スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です