インフルエンザからの、細菌性肺炎・・・2歳にして初めての入院!

インフルエンザにて一家全滅…2歳児へのタミフル飲ませ方に試行錯誤する。の続き。

水曜日の夜から咳が悪化、熱も36度台から、38度になってしまい。
電話相談にかけてみたら、受診したほうがよいでしょうと言われ、夜間救急センターへ。
旦那が木金休んでくれるという予定なので、旦那も21時過ぎまで残業していたが帰宅してすぐタクシー・・・。

23時。病院では、看護師さんに症状を説明するも、「月曜からインフルに感染していて、今日平熱に下がったのだけれど夜に咳の悪化と熱も急激に上がった」と言うと「熱が上がっただけでここきたの?」と言われる。ちょいとムカー。喘息も持ってるから肺炎とか心配なんだよ、と心の中で怒る。
小児科の先生に先週から熱があり今週からインフル陽性でたと説明すると、こんなに熱が続くのはちょっとおかしい。と言われました。

私が考えていた、先週の熱は風邪だった。風邪で弱ったところにインフルに感染してしまい、熱が続いている。という可能性も先生は有りうると言っていたけれど、食欲がない、眠れない、というのはちょっと入院が必要な症状かもしれない。

ここでレントゲンなども撮れるが、入院施設はないので、今日はとりあえず帰って、明日朝一で入院施設がある総合病院へ受診するか、いまから入院できる施設に先生が電話をかけてあげようかと2つの選択肢を提案してくれました。

症状的にいますぐに危ない、というわけではないが、入院は確実でしょうね、というので、先生にいまから入院を受け入れてくれる場所に電話してくれるよう頼みました。

希望していた一つ目の病院は、感染症患者の入院は受け入れてないと言うことで断られ、もうひとつの病院へ。紹介状をもってタクシーでまた向かう。

息子は咳が相変わらず酷いが、タクシーに乗れるのを喜んでいました。

病院について、すぐ診察室に呼ばれ、細かい症状を説明する。いつから、何度くらいの熱があって、どれくらい続いて・・・。レントゲンをとり、肺炎の症状あり、と診断される。

食欲がない、眠れないというのは入院ということになります。 と言われて、まず点滴で水分補給しますということで、点滴用の針を刺す処置をするのでお父さんお母さんは外でお待ちください、となってそこからが息子大泣き。

針を刺すんで動かないように固定されるんでしょうね、それも怖いし、針もさされるし。「ママがいい、ママがいい、ママがいいーーーー」と処置のあいだずーっと叫んでいました。たまに「いたい、いたい、いたーーーーい」「こわい、こわい、こわい」となり。

旦那はあまりにも息子が「ママがいい、ママがいい」と泣いているので、「パパがいい、って一回でも言われたら私処置室走って行ってヤメロって言っちゃうな」とボソリ。

結局3回くらい針を刺されたようで、4回目にやっと点滴の針が刺さりました、と先生。40分くらい経っていたので、てっきり点滴も終わっているかと思いきや、やっと針が刺さっただけで、ここから点滴を始めるという・・・

汗びしょびしょで泣きつかれて点滴を引いて抱っこされ出てきた息子をみて、小さい体にこんな痛い思いして、ママママいってて、親ってこういう気持ちをこれからも何度も体験するのかなとぼんやり思ってしまいました。

血液検査用の血も採られ、鼻もぐりぐりされるわ、痰を培養するために採取用の細い管を鼻からグイーッと入れられるわ耳は見られるわでもう見ていてかわいそうに。あと少しだよと何度もいいながら。でも自分も動かないように抑えなきゃいけないみたいな。

入院の個室に着いたのが朝3時半を回っていて。旦那は夕飯も食べていないし疲れているのに、入院用の着替えなどを取りに朝4時過ぎに帰宅・・・私は息子と一緒にベッドで少し眠りました。今回の病院は24時間付き添いなので、どちらかが一緒にいないといけません。

息子は朝4時過ぎにやっと眠りました。



朝7時過ぎ、私も息子も起きる。旦那は朝6時近くに家に着き、30分ほどうとうとしただけで、荷物を持って眠らず病院へやってきました。
先生がわらわら入ってきて、何人かに聴診器当てられる(笑)総合病院って、こんなに先生いるんだと知りました。入院なんて、小さい頃に1回だけとかだからいまの病院のシステムがよくわからない。

入れ替わり立ち代り新しい看護師さんがきて、聴診器当てたり、熱測りますとか、酸素測ったり、いろんな意味でいたれつくせり。息子は点滴につながれたまま、まだ元気はあまりない。私といると咳がよく出る。リラックスしているからなんだろうな~先生とか看護師は緊張するからね。

お医者さんの見解は、インフルエンザからの、細菌性肺炎。喘息の音も聞こえ、中耳炎も併発しているとのことで、点滴で抗生物質を投与しながら治療していくとのことでした。入院期間は、順調に治れば1週間以内とのこと・・・。

そして息子は1日ベッドの上でDVDなどを見たりして過ごす。私が退職前だったので、金曜は出勤予定で、息子が寝た頃病院を出る。足を伸ばして、咳の心配をしないで、眠れるのが久々で21時頃眠ってしまいました。

旦那はあの固い狭いベッドで2人で寝るんだな~と、ちょっと申し訳ない。

柵が高い~

金曜日、出勤後に病院へ行って旦那と交代。夜ご飯の頃で、嬉しそうでした。
昨日の夜は酸素が少なかったらしく、寝ながら酸素吸入をしばらくしていたとのこと。でも食欲が少し戻ってきたようで、点滴もはずしていました(でもまだ針は刺さっている状態)薬が飲めるようなら、点滴を完全にはずすとのこと。でも薬が飲めないと、点滴からの投与になるので入院も伸びてしまうらしい。

その飲めるようにならないといけないという薬の量の多さ。。。ワイドシリンというピンクの抗生物質なのですが、小児科で処方される量の3倍くらいある・・・。金曜朝はごまかし飲めたものの、昼から完全拒否になってしまったとのこと。夜飲めなければ先生と相談しないといけない、と言われなんとしても飲んでもらうようにがんばってみることに。

ピンクのお団子塊にして、ちょっとずつ上あごに擦り付ける方法で飲めたので、看護師さんは、先生に話してみますといって様子を見ることになりました。

その夜はまだ痰がらみの咳が酷く、看護師さんが痰吸引しますといって2人がかりで息子の痰吸引。あれはみてて辛そうだなといつも思う・・・細い管を鼻から通すんだけど、痛いよね・・・。 みのむしみたいにタオルでぐるぐる巻きにされてもなお足で看護師さんをめっちゃキックしててこずらせていました。

でもだいぶ痰が取れて、そのあとの酸素量がだいぶ改善していたので一安心。その夜は咳で起きることなく眠れました。朝4時に吸入のために看護師さんが来て、ちょっと起こされる。

土曜日の朝はかなり元気になっていて、先生も肺の音はまだ少しするけれど、退院は今日か明後日にできそうです。と言われたのでさっそく血液検査になり。ママがいいと泣きが始まったので母部屋からでる。

でも先生に終わりましたよと呼ばれたのは案外早く、1回でできたとのことなのでよかった。この日から部屋の外へ出ることができ、プレイルームで遊ぶ許可も下りました。

ようやく、動き回れて、楽しそうな息子の顔が見ることができて、治ってきてるんだとやっと実感し始めました。。
そこへ先生が血液検査の結果を持ってきて、炎症の数値はまだ標準値より高いけれど、だいぶ下がった。白血球の数も問題ないです。日曜日退院できます。と告げられて嬉しかった・・・。

この日は旦那の病院もあったため、夕方近くに旦那と交代。息子がテレビを見ている隙に部屋を出て帰りました。日曜退院!ゆっくりお風呂に入れて、眠りました。でも私もずーっと咳が治らず(2週間以上続く咳・・・。辛いです!百日咳の疑い!)本当に百日咳みたいだわ・・・

日曜日、朝自分の咳が酷く、咳をしながら吐き気まで出てきてしまい。これ、病院まで行けるかと思いながらもがんばって家を出るが吐き気でいったん家に戻る。なんだかいろいろ疲れがたまってたんだなと思いながら、何とか持ち直して無事に病院到着し、午前中に退院できたのでした。

思えば自分のインフル後から息子の看病、入院にまでなり、相当疲れて果ててしまいました。
でも元気になって本当によかった。家ではしばらく抗生物質を飲んで、自宅療養していましたが、明日から保育園復帰予定です。ちゃんと行ってくれるかな?!

スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です