ズーラシアから生まれたグループ、ズーラシアンブラス★

先日テレビをみていたら、ところさんの番組で、横浜を取材してたので、
テレビを消そうと思っていた手を止めて見ることに・・・。

そこで知ったのがズーラシアンブラスという動物達!!!
その名のとおりズーラシアにいる動物達が集まってできたブラスバンド。

ズーラシアといえば、私が中学生くらいのときに、家の近くにできた動物園。
当時日本ではじめてオカピという動物がくるということで話題になりました。
一度だけ行ったことがあるのですが、、、園内がひろくてひろくて。
それから、普通の動物園と違って、おりがたくさんあって、、、、みたいな
感じじゃないので、動物が探しにくかった覚えがあります。
今は少し変わったのかな?

で、このズーラシアンブラスのメンバーは、
◇指揮者:オカピ
◇トランペット:インドライオン
◇トランペット:ドゥクラングール
◇ホルン:マレーバク
◇トロンボーン:スマトラトラ
◇チューバ:ホッキョクグマ

他にも臨時メンバーもいたりする。。。
そして、中身の人は、結構有名な交響楽団の方や、ブラスバンドの方達で、
その演奏はとても素晴らしいものですよ~!!
あんなの被って、トランペットとかかなりむずかしそうですから・・・。


<ズーラシアンブラスHPより>

素晴らしい文学作品をそのまま子どもに読み聞かせても、
子どもが興味深く文学の世界に入り込んでいくことはできません。
ですから、文学の世界には『絵本』と言う素晴らしい芸術が用意されています。
音楽の世界には『童謡』という子ども達への贈り物がありますが、
歌詞に頼らないクラシックの世界では、絵本のような分かりやすい入り口がなかったように思われます。
『ズーラシアンブラス』はクラシック音楽における絵本のような役割を果たしていきたいと考えています。

『ズーラシアンブラス』は子ども達の音楽への興味を沸き起こし、
これから花開く可能性を持った素晴らしい感性の導火線に火をつけることを目的に、
よこはま動物園ズーラシアのマスコットキャラクターとして制作されました。
動物園が生命やその営みへの興味や関心・感動を動物を通して伝えていくように、
『ズーラシアンブラス』は音楽の素晴らしさを知る糸口を提供していきます。


ちゃんとコンセプトがあって活動してるのねん。
上の動画のように、子供達に指揮を体験させたり、演奏中にいろいろな
パフォーマンスをして子供達が楽しんで音楽に馴染めるようにしてるみたいです。

いいなぁ~久しぶりに吹奏楽部時代を思い出してしまいました。

吹奏楽時代の、Y先輩は、ドイツの音楽大学を出て、今は交響楽団の団員として
いまだにホルンを吹いているみたいですよ~!!


ズーラシアンブラスのちょっとうけるプロフィールはコチラ
チャンスがあれば演奏会にも行ってみたい~。


<2016年7月18日追記>

HPを久しぶりに覗いてみたら、だいぶ大きな楽団になっているようです!
いろいろなところでコンサートもやっていて、小さい子でも行けそうなので、連れて行ってみたいなー。
上記の動画も新しいものに差し替えました。


ズーラシアンブラス ジャイブ

スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です