日本のスペインレストランの、パンコントマテにショックを受ける

bar de cante
Dichanが散歩のときに見つけたという横浜ベイクォーター内のスペインレストランにいってきました。店の前におおきなスペインの国旗がかかっております。中は広いです。フラメンコライブもやったりするらしい。


pancontomateまずはパンコントマテにタコのガリシア風、にんにくの芽と豚肉、エリンギの炒め物です。

でも見てくださいこのパンコントマテ(写真左奥)。お店のいろいろな事情あるのかもしれませんがDichanは「これはパンコントマテじゃない」とショックをうけていたもようです。

(パンコントマテ:切ったバゲッドをトーストし、トマトを擦りつけ、オリーブオイルをたらして食べる。お好みでハモンもどうぞ。)


bravas y sangria

気をとりなおしてパタタ・ブラヴァスとカラマレス・ア・ラ・ロマナ。サングリアも飲んでみたけど微妙だった・・・(写真右)ブラヴァスとカラマレスは揚げたてなのかあつあつで美味しい。結構食べたとおもいつつも、次はメインのパエリアがくるのですよ~!

9時近くに入店したけど結構な人がいました。お店は広いのに店員は少なめ。混雑してるときはウェイターを呼ぶのにひと苦労しそうな感じです。


paella
どどーんとパエリア、2人前。ミックスパエリアというのを頼んだので、魚介と肉が両方入っていました。グリーンピース以外は美味しくいただきましたwパエリアに入ってる肉はうさぎかねえとDichanはきいてきたけど・・・日本では、、、鶏肉だろ~(-“-) ちなみにうさぎの肉を食べたことがありますが鶏肉っぽい味です。

Dichanは花見で行った逗子でもスペインレストランを見つけてひとりで食べてきたりとなかなか行動力があります。人当たりがよいのか、みんな優しくしてくれるみたいです、よかったねぇ。日本のスペインレストラン食べ歩き開拓は、まだまだ続きそうです。

スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です