上司から部下への伝え方で、やる気はゼロにも100にもなる

残業できるだけ控えましょう令が出てます!


労働基準法でいろいろ変わったらしく、我が会社でも残業の規制が厳しくなりました。
まあ不景気で仕事が減ったり、残業のしすぎで体調が壊れたりする人もいるわけだから、しょうがないとも思います。


問題は。。。上司から社員への伝え方。社長命令だから~というのはわかります。
が、上司の仕事は、社長命令で社員さんにとって厳しい状況になっても、社員さんの気持ちを理解し、納得してもらえるような伝え方をするのが上司ってものではないでしょうか。

社長命令だからこうしろ、という威圧的な態度で言われてしまえば、誰だってやる気がなくなってしまいます。彼(上司)はその上、今までの皆がしていた残業のことを、仕事していないのに金をとっているだろうというような言い方をした(言われたほうはそのようなとらえかたをした)みたいなのです。
「仕事していないのに残業してるのか?!」っていわれたようなものです・・。

残業代が少なくなってしまうのは100歩譲ってしょうがないと思えたとします。残業代が出ない会社なんていくらでもありますから。
それでも今まであったもの(残業代)が極端に少なくなる、あるいはなくなってしまうというのは受け入れるのに時間がかかります。
それだけでも気落ちするのに、上司にそんなことを言われてしまったら、残業どころの話ではなく、仕事自体やる気をなくしてしまうと思うのですよねー。

彼が言わなければいけなかったなあと思うことは、「今まで頑張ってきてもらって申し訳ないけれど~」と言うような言葉かなあ。
そういうクッションがあれば社員さん達に与える気持ちって少しでも和らいだと思うのだけれど。彼の言い方は社員さん達の気が落ち込むどころか怒らせてしまい、敵を作ってしまったようですね・・・。
多分、自分の言葉(上司としての)が社員さんにどれだけ影響を与えるかわかってないのでは。

おかげでいま社内はどんよりですよ。

私も白髪が増えるわけだわん(ついに、前髪にまで進出!!)健康診断で血圧も高いって言われたし、本気で減塩!!減塩!!

スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です