バルセロナ、白昼堂々ひったくり



29日にスペインでも大規模なストライキがあったみたいですけど、、、不況はまだまだまだ続くのですね~。。バルセロナ観光都市から離れた通り道でも、コップをもって座っている若い女の子なんかを見かけました。前はそんなに見なかったのだけれど。

Dichan家からサグラダファミリアに歩いて行く途中で、私たちが歩いていたところで大きな音がしたので音がしたほうを見ると、向かい側のスーパーから男性が飛び出て走っていくのが見えて、スーパーの自動ドアに大きなひびが入っていました。ドアがあくと、女性同士でバッグを引っ張り合っていて、どうやら男女のひったくりのようでした。
結局、バッグは盗られてしまい、女性は走って逃げてしまって、呆然と立っている女性が見えました。バッグをひったくって、逃げようとしたときにちょうど自動ドアが閉まって激突してしまったんだと思うけど、、、真昼間からスーパーで、ひったくり。周りの人もただ立ち止まってみているだけだったし、自分の身は自分で守らなきゃいけない。外に出て油断は少しでもできないなと改めて思ったな。

結構大きいバッグを引っ張り合っていたけど、なんていうんだろう、バッグならなんでもよかったのかなーなんて。普通盗るんだったら小さい盗りやすいのを選ぶと思うけど、盗れるバッグならなんでも!って思うくらい切羽詰っているのかなというか、そんな気がしてしまった。




囚われたサグラダ・ファミリア。


そうそう11月にパパ(ベネディクト)がサグラダ・ファミリアに来るようです。




とりあえず、サグラダ・ファミリアは、バルセロナに行ったら必ず見に行ってます。毎回ツーリスト気分で、写真撮っております。

スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です