みなとみらい夢クリニックにて不妊治療-1 初診いろいろ

みなとみらい夢クリニック、初診はびっくりの○ヶ月待ち!!

2013年の3月に初診予約。
土日診察だと4ヶ月待ちと言われたけれど、一度相談しますのでーと切り、その後すぐ回答の電話をすると、丁度平日にキャンセル出ましたよのことで、電話した翌週に診察予約ができた。

このチャンスを逃すまいと有給申請。
Dichanも一緒に行きました。

病院に行くと決めた経緯としては、
#子作りから1年以上経過。検査薬でフライングしても、かすりもせず。1度も陽性反応をみたことがなかったのです。
#ちょっと身体に不安なところがあり、(dichan側の)心配なら病院でサッサと調べてもらいたかった。

ちゃんと葉酸も飲んでましたよ~↓



みなとみらい夢クリニック、初めての不妊治療、病院の様子と初診の検査は?

病院はみなとみらい駅すぐ。かなり綺麗。くつろげそうなソファがいっぱい。初診は直接受付へ行き、その後診察券が発行されたあとの通院は入り口付近にある機械で受付番号発行されます。

血液検査(ホルモンと、HIVや感染症用)と内診、問診。
Dichanは精液検査も。トータルで3時間くらいかかりました。
血液検査の結果が出るまでに時間がかかるからかしら。
結果は私の血液のホルモン状態も普通だしdichanの検査結果も自然妊娠は可能ですねとのこと

ここでほっとひと安心!

担当はおじいちゃん先生。
内診の結果、そろそろ排卵するのでタイミング指導される。
「通常なんにも問題なければちゃんと排卵のタイミングとるだけでも2、3ヶ月で妊娠します。
それでも妊娠しなければ人工授精を進めます。これは3回くらいですね、何回もやることは意味ないものですから」
と説明された。

タイミング取れたら2日後に再診しましょう。フーナーテストといってちゃんと精子がいるかどうか調べますから。ということになって問診終了。

病院の待合では番号で呼ばれていたのでプライバシー守られてるのかなって感じ。

妊娠したあとの普通の産婦人科では夫婦できてる人もたくさんいるのに、看護師さんが待合室まで来てくれて「◯◯さんじゃあここにおしっこ入れてくださいねー」みたいに大声で言われたりしたので、みなとみらい夢クリニックの診察に慣れていたためびっくりした。

内診室も然り、初めての婦人科がみなとみらいみらい夢クリニックだったので内診室の綺麗さが、これが普通と思ってた。
出産のための産婦人科は、家庭的な雰囲気が(靴脱いだ足場が普通のかわいいバスタオル)がすごい新鮮と感じたりしましたね。

結局、みなとみらい夢クリニックでは妊娠せず

上に書いたように、妊娠はできました。が妊娠できたのは、夏に夢クリ病院が改装することになって、排卵チェックしかしないというので、9月にスペイン行くし夏は病院お休みしよーっと、9月の結婚式参加に向けてダイエット始めたときだったのです。

それでも私にとっては病院に行って自分達に問題がないとわかっただけでも安心することができたのでよかった。

しかし、診察費はトータル20万前後かかったけどf^_^;
3月から7月まで排卵チェック、フーナーテスト、卵管造影、人工授精までやったので…
これが体外授精とか顕微授精になるとこの病院は50万以上かかるのだな…

また、気が向いたら診察について書いてみようと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です