喘息持ちの2歳児 季節の変わり目は、咳に要注意…!

2日前から息子、怪しい空咳。
昨日は空咳が増え、鼻水少し。
そして夜中、咳で朝方眠れず。

夜中、明け方咳で眠れないと、熱がなくても次の日の保育園は休む様にしている。
咳で眠れないのは予想以上に体力消耗していると思うので。

11カ月で保育園に預けはじめ、風邪をひくと、咳だけ2週間以上とか続く子で、かかりつけ小児科は「年齢とともに強くなりますから」という先生だったけれど、
違う方から病院変えてみたらと言われて、咳専門のわりと有名な病院へ。1歳3カ月の時。問診と胸に音を聞いて、「軽い喘息になっていますね」との診断。

喘息のことはよく知らなかった私、先生に言われるがまま、治療をしますと薬と吸引するための器具を買い、そこから毎日の吸引と貼り薬、飲み薬がスタートした。

私は普段の風邪等はやはり小児科で見てもらいたかったため、風邪を引いたら小児科、喘息の病院へは2週間毎に定期的に喘息の症状を見せに行く&薬を処方してもらうという行き方をしていました。

ある日、風邪を引いた&咳がひどい息子、いつものかかりつけの小児科が休みだったので、喘息を見てもらっている病院へ。
風邪でしょうと抗生物質、咳がひどくなったら救急に行ってください。と言われる。
まずただの風邪なのに抗生物質を出されるのに疑問。(かかりつけは血液検査後に、症状にあった抗生物質を処方してくれる。)

そして、ネットで喘息について調べていても、実際の喘息の発作というものがわからないわたし、「どんな症状が出たら救急に行けばいいですか?」と聞くと、「お母さんが、変だなと思ったら行ってください」となんともわけのわからない説明。

そんなこと言われたら、どんな症状でても行ってしまうよ。わたしは、例えば呼吸が早いとか、咳が止まらないとか、具体的な症状を知りたかったのに。

結局その日の夜、呼吸が荒くなってきたので救急受診、幸い発作ではなかったけれど、救急の小児科の先生はわたしが
「今後どんな症状が出たら早めに受診したほうがいいですか?」と聞くと、先ほどの病院よりもっと具体的に、「○○になってきたら受診を」と丁寧に説明してくれたのです。

そこからその喘息を見てくれている病院への疑問が増えてくる。



今思えば、喘息になっていますねと診断された当日からじゃあ治療です、毎日この薬飲んで、吸引してくださいと息子の状況、治療方針など詳しい説明もなかったこと。(小さい子の喘息判断は難しいとのことだけれど。)

わたしもいろいろともっと勉強して経過観察、診察に行くべきでした。

喘息診断が夏で、冬まで毎日、朝夜の吸引、飲み薬、貼り薬。一度かかりつけの小児科で、咳について、相談すると、処方されている薬を見て、「うちだったら、こんな強い薬(ステロイド)は出さない。方針はそれぞれだから。家族で決めてくださいね。」とのこと。それはそうです。

幸い、投薬のおかげなのか喘息発作など出なくすごしていたのですが冬になり、風邪をこじらせ小児科に行き処方された薬が、その喘息を見てもらっている病院の薬とかぶっていたのですね。
小児科の先生にも、お薬手帳は毎回出していて、見ているはずだったのに、同じ薬を処方されたりしたのです。

それを、喘息の病院受診したときに指摘され。薬を2重に処方するというのは、いけないことだということも、そこで知る。
そしてどっちかの病院にしてください。と。
で、ほとんど強引に、「小児科にいままでの症状書いた手紙を書きますので。」と言われ、そこの病院での治療は終了しました。

最初から最後まで、なんだか思いやりのない病院だった気がします。治療方針も説明されず、薬を飲み続けることになりますといわれ、結局最後は、自分のところでは見れないと、言われる。

いままで続けてきた投薬は、期間は短かったものの、もし重症な子供だったら、途中で急にステロイドを辞めるのも大変なことだと読んでいたので、すごく無責任な病院だなと。

とはいえ、わたしももっと先生に聞くべきであったし勉強不足でした。

幸い、投薬をストップしても普段の生活は変わらず
でも風邪をひいて咳の症状が出たらすぐ病院へ行き、様子を見てもらうようにして、必要ならば小児科で吸引器具を貸し出ししてくれるので助かっています。

未だに喘息の発作は経験したことなく、よかったと思っているのですが、風邪をひいただけで咳が長引き連日眠れない息子を見ていると、発作なんて起きたらどうなってしまうのか、想像がつきません。

3月にマイコプラズマ肺炎にかかり、その他諸々こじらせ完治まで結局1カ月かかりましたが、その後はGWのスペイン滞在での風邪&咳長引きの後は風邪も引かず健康だったので、強くはなってきてるのかなとは思いますが…

今日受診した後は、咳がひどいのと、先生も咳が長引く体質とわかっているので吸引器具もすぐ借りることになり。
久しぶりの体質改善の薬も2週間分。先生は「8月のこれから9月にはいるこの季節は、咳が一番ひどくなる時期だから、お母さん覚悟してくださいね」と言われる(°_°)

3種類の薬を混ぜて吸引。薬どっさり…

image

スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です