33歳、鼻からの胃カメラ初体験(経鼻内視鏡)ピロリ菌検査も!!

7月から胃腸の調子が悪く、胃酸を抑える薬(プロテカジン)や整腸剤(ラックビー)、制吐剤(ナウゼリン・プリンぺラン)を飲んでいましたが、どうもすっきりした感じもなく、昼食後の吐き気などが増えてきたので数回の受診後に先生に

「胃カメラ、やる?」

と言われ原因がわかればと予約をとりました。

検査前日は21時以降飲食禁止。水はOK。
朝病院に着くと早速、鼻の穴を広げる薬と言われシュッシュされる。
胃の中の泡を消すという薬を飲まされる(不味い・・・不味い!!)10−15分待つと、検査室に呼ばれ、血圧をはかり(緊張してるのでめっちゃ高くなる)横になって胃カメラの説明を受ける。

CDの裏面に鼻息をかけてくれと入れてより通りやすいと思われる鼻の穴を特定する・・・私は右の鼻の穴だったみたいです。
その後先生が来るまでの時間がすごく長く感じられ、緊張のあまり5分前トイレに行ったばっかりなのに「もう一回トイレ行っていいですか?」といいそうでした。

先生が入ってきて、じゃあやりますね〜となる。看護師が右の鼻です、と言っていて、先生が「麻酔これから入れますからね」とぶっとい注射器を持ちました。中には透明なゼリー。鼻の穴に注入され、そこで涙がでる。

鼻からのどに麻酔のゼリーがどろっと流れてきて気持ちが悪い・・・「苦いけど、飲んじゃってくださいね」と言われるが、初めに飲んだ飲み薬より味もしなく大丈夫でした。

ちなみによだれは飲み込まないで全部出してください、と言われました。よだれを飲み込んだ時に気道に入ってしまい、むせて胃カメラ続行できないことがあるそうな。看護師さんが頭の横でティッシュ片手に待機。

その後先生が割とすぐにチューブを鼻に突っ込みだして、「痛くない?」と聞いてくる。
痛くない・・・といいたいが声がなぜかかすれる。首を振って痛くないアピール。次に、「これもうちょっと太いんだけどね、痛くない?」と違うチューブを挿してきました、大丈夫。

そしてついに胃カメラ登場です。

ベッドで横たわる目の前にモニターがあり、自分でも胃の様子を一緒に見ることができます。鼻の穴グリグリ。ちょっと奥が狭い。「大体、10%の人が通らないんですよ」と言われる。
通らなくて、口からの胃カメラなんて絶対やだ。無理無理、お願い無理やり押し込んでくださいと願う。先生が「こっちならいけるかも」と隙間を見つけて通す・・通った〜〜〜。

ゆーっくりとチューブを動かしているけれど、喉を通過しているとかいう感覚はない。きっと麻酔がバッチリ効いてくれたんだ・・・
「食道の入り口のところが一番みなさんウエッってなりやすいです」と言われていた、食道の入り口が見えてきてドキドキする。上から見ると、三角形で、白い縁取りがある。
先生が食道入りますよ〜といって入っていく

・・・

オエッとならず無事通過!

その後食道を進み胃へ入ると、水みたいのがたまってる〜 空気を入れて胃の中の水がかき回され、水は濁ってないので、出血などはないということです。と説明される。

胃カメラ中はずーっと空気を入れられていて、胃壁がのばされている状態なのですが、胃の内部は薄いピンク色で、毛細血管がポツポツ並んでいるのが見えました。
「この毛細血管がこういう風に出ているのは、ピロリ菌はいないってことなんです。」と先生。

へー、と言いたいが声が出ない、麻酔が効いてるが喉に何か入ってるという違和感からか思い切って声が出せないのかな。くまなく胃の中をみていくけれど、心配な傷みたいなものはないということ。チューブはそんなにダイレクトには感じないけれど、何かが胃の中をかき混ぜている感覚はずーっとありました。

十二指腸と胃の境目は閉じたり閉まったりスクリューみたいなものがあり面白い。十二指腸も問題ないようですね、と胃へ戻り、見ていくが大丈夫そうとのこと。
食道を通って鼻を抜け、胃カメラ終了。鼻を抜けるとき、鼻の中が切れる。

しいて言えば胃壁が薄い、柔らかいということです、あと、若い人に多いスキルス性胃がんというものがありますが、それも今のところ心配ないでしょう。という診断。

じゃあこの吐き気はなんだろうね?という話になり、今飲んでいる薬で様子見てください、ピロリ菌はいないと思うけど、念のため検査しとく?と言われて検査を希望。喉の麻酔切れるまで1時間くらい待ってくださいね〜 と待合室にいると鼻血がタラー

その後鼻血は1時間くらい続き、帰宅して午後になったらまたふいにタラーっと出てきました。記憶にある中で鼻血は出したことないので新鮮でした。

ピロリ菌の検査は、
@まず何もしてない状態の吐く息を検査袋に入れる。
@薬を飲み、横になって5分。その後座って15分待つ。
@吐く息をまた検査袋に入れる

で、終了です。検査結果はまだ聞きに行っていませんが、いないことを願う!

今では家でピロリ菌チェックでき、治療もできるキットもあるんですね。↓

ピロリ菌除菌A(一次治療)セット
結局原因はわからず、またお得意の精神的なものなんだろうか?
胃腸弱い子でやんなっちゃう・・・・・・

スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です