2018年8月12日、第2子長女出産いたしました。出産レポ


平成30年8月12日AM10:13、身長52cm、体重3476gの娘を無事出産しました。




8/10(金)の検診では、子宮口2.5cmで、「まだまだ生まれそうにないですね~」と言われ、次の検診では予定日超過するからNSTしますね、と病院のお盆休み明けの日をその場で予約して帰宅。

今回も予定日過ぎるのか~とおもいながらさて今のうちに美味しいもの食べとかないとと食べたいものリストを頭で考えていた…

8/12(日) AM1:00過ぎ
ナプキンにジョロっとした感覚がして目が醒める。
おしっこかおりものか、と思いトイレへ。ナプキン一面濡れていて破水?と思いつつもうちょっと様子を見ようと新しいナプキン当てて寝室戻る。

またジョロっと感じて「あ、破水だな」と感じまたトイレへ歩き始めたらジョワーってだいぶ大量に出てきました。ナプキン全然間に合わず、寝室からトイレまで5歩くらいなのに羊水が床に落ちる…

8/12 AM1:15
夜用ナプキンを当て、病院に電話。破水だったら入院ですので入院グッズ持ってきてくださいということで支度。陣痛タクシーに電話。夜中なので配車する車探しますということで一旦電話を切り、旦那を起こす。起こす部屋に行くにも歩くたびに羊水がジョロジョロ漏れていて歩くのやめる(笑

外では急に雨がザーザー降り出してきてびっくり。

陣痛タクシー会社から折り返し電話があり到着まで15-20分かかりますとのこと。旦那が焦る。「間に合わない場合救急車とか?」破水で救急車呼ばないわ(笑
でも同じ日に産んだ妊婦さん、生まれるギリギリに救急車で病院に来たと助産師さんの噂のネタになっていた。

8/12 AM2:00~AM4:00
迎えに来た陣痛タクシーに乗って病院到着。
助産師さんに入院手続きの話をされ陣痛室でNST。4年前息子産んだ時と同じ助産師さんだった。

NST40分くらいやって、起き上がるときにまた結構大量に羊水が出て、内診は指一本分、陣痛始まってないけど、最初は自然に陣痛つくの待ちますからねーということで寝ようかとうとうとする。

破水から陣痛までの時間を検索してると促進剤使ったとか1日以上かかったとか参考にならないのでインターネット閉じる。

大雨がひどくなってきて、雷も鳴り始め、お腹のこやつ嵐を呼ぶ女だなと思いながらうとうと、うとうと…

8/12 AM5:00
AM4:30過ぎくらいから生理痛かな?と思うような痛みで目が醒める。また寝かけるけど30分くらいしてまたちょいと痛みを感じて起きる、の繰り返し。トイレに行って帰ると助産師さんに「どお?痛み来てる?」と言われたので少しあります〜と答えるとまた内診とNST。

子宮口は3cmだけど、進んでますよー、多分夕方には生まれそうだよと言われる。
でも正直、(夕方は長いよ…)とショック。

8/12 AM6:30
ここから割と痛いなーと思う陣痛が、7、8分である。腰痛みたいな。寝てるより座る方が楽だしさすりやすいのであぐらをかいて陣痛に備える。

8/12 AM7:00
なぜか陣痛が4分、2分と細切れでやってくる。しかも結構痛い。息を吸って長く細く出す呼吸法+自分で腰をさすりまくって耐える。

朝ごはんをいただく。妊娠後期に高血圧になってしまっていたので、病院では減塩、低カロリー食ですよといわれた…

7:30頃、陣痛の合間にトイレに行く時に陣痛室を出たらかなり大量に羊水が漏れ出して、あっという間にビショビショ、トイレに行くまで道しるべのように羊水垂れてしまった!ここで一気に陣痛が進んだと思われる。

8/12 AM8:00
NSTをつけながら陣痛に耐える。やっぱり座っている方が楽なのであぐらで。この時既に3分から6分程度の間隔で、これ本陣痛なの?でも陣痛間隔揃ってない…

内診してもらいたいけど、息子の時の陣痛が1日半以上も続いて、何度内診してもらっても全然進んでいないのを思い出し、「今ナースコールしてまだ全然あいてないよと言われたら耐えられない…」と思いナースコールはせず。

8/12 AM9:00
痛みが2分から3分になってくる。なにこれ間隔早くない?とちょっとテンパる、が呼吸を整えて耐える。NSTみてもよくわからない(笑

NSTの機械の小物入れに入っていたテニスボールを勝手に拝借してお尻の下に置き、陣痛来たらプラス腰を強くさする!これは誰もいないと結構辛いわ…

テニスボールをお尻にぐりぐりやり始めた頃からちょっといきみたい感じが出てくる。そしてついに陣痛の間隔が1分を切って、これは…ナースコールした方がいいかも…と9:30頃にいきみたい感じがありますと連絡。

内診の結果…6cmだけど子宮口ペラペラだからすぐ全開になりそうだから移動しよう!となる。2つある分娩室は満員だから手術室ね!(実際私含めこの3人30分差くらいで出産…)と助産師さんがバタバタしながら出て行き、その間に、私は陣痛ない間にさっさと移動できるか…と戦々恐々。

結果歩いている間に陣痛が来てしまいヨタヨタになり助産師さん2人に抱えられて手術室に寝かされる。

そこで2、3回いきみのがしをして内診したら、10時前には子宮口9cm。早い…

「いきみたいならいきんでいいからね」と言われるも痛くてよくわからない。
「息を吸って吐いて、また息を止めて、おへそ見ながらいきむ!」といわれても上手くできず痛いだけで泣きたくなってくる。

その間も助産師さんが子宮口を指で開けているので陣痛くるたびにいきんでみる。大きい波が来たのでいきむと何かが挟まった感じがして、助産師さんに「いいよ!頭出て来てるからあともうちょい」でもここからがお股痛いし上手くいきめないしで長く感じた。

「うーーーーーーー!!」って言いながら力入れてたら「声出さない!」と怒られる。

そして助産師さんに「ゆっくりいきんでくれる?頭が出てくるから!ゆっくりね!私の顔見て!」と。そしてどうやら頭が出たらしい。「胸に手を置いて!ハッハッハッって息して!」次は身体をだす様子。

でもお股に挟まってるのがすごく痛い、痛い!と思いつついきんだら出てきました!臍帯巻いて。そして一瞬胸の上に置かれ秒殺で計測台へ。私ボーゼン。あれもう生まれたんだと。

出産をメインで手伝ってくれたのは助産師さんで先生は生まれる間近で登場、胎盤を出し会陰(いつのまに切ってたか切られてた?)をさっさと縫って「ではー」と行ってしまいました(笑

そして先生は胎盤を出したあと臍帯卵膜付着とかいう難しい言葉言っていて、気になってググってみたら怖いことが書いてあった…無事出産できてなにより…

でも、陣痛から4時間半のスーパー安産で、2日前の検診で2950gと言われていた体重も3400gを超えて無事に産まれたことに感謝です。

その後は子宮収縮の痛み、看護師さんが確認くる度に子宮を押され出血ドバドバこれがまた激痛…午後には旦那と息子、両親もきてくれて、やっと落ち着きました。

生後4日で退院。母乳は退院後やっと出てきた感じ。

先日まで里帰りしていましたが、今は家族4人での生活が始まっています。
さてさてどうなるかな。

スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です